介護保険報酬請求業務を簡単にするなら請求書ソフト

  • 介護保険請求で必須の請求書ソフトとは

    • 介護保険施設を運営する中で最もたいせつなのが、質の良いスタッフの確保と書類の整備です。施設にはそれぞれに応じた人員スタッフが設定されています。



      例えば認知症対応型共同生活介護と呼ばれるグループホームでは、利用者さん3名に対して介護職員が1名。

      介護支援専門員が1名、ユニットごとに認知症実践者研修と呼ばれる介護プランを作成する為の専門研修を終えているスタッフを1名位以上配置など厳密に条件が定められています。



      そして、それと同様に大切なのが書類の整備です。

      日本経済新聞情報のことならお任せください。

      日常の利用者様の記録はもちろん、バイタルの状況や加算胃応じての書類などが上げられます。

      書類は、実地指導と呼ばれる監査の際に、きちんと施設運営が出来ているかを確認する為にも欠かせません。また、介護保険請求業務はかなり煩雑な手続きが必要になります。利用者さんが実際に利用した介護保険を間違いなく請求する為に必要です。

      介護保険では、様々な条件によって利用料が一人一人違います。


      要介護認定や、選択した加算、利用日数など様々です。事務スタッフだけではとても計算が間に合わず多くの施設では請求書ソフトを利用しています。請求書ソフトとは、利用者さんの情報と施設利用の情報を入力すると自動的に介護保険利用料を計算して、国保連合会へ提出するデータを作成してくれる物をさします。

      請求書ソフトでは、当然請求書や領収書を発行する事も出来る為円滑な施設運営をする上では欠かせない物です。

top