介護保険報酬請求業務を簡単にするなら請求書ソフト

  • 介護保険を利用するシステム

    • 介護保険を利用するシステムはいくつか段階を踏まなければなりません。

      介護予防・日常生活支援総合事業の情報をお知らせいたします。

      まず介護保険の申請を行います。


      高齢者相談センターが関わっている場合にはケアマネージャーに依頼することもできますし、親族が申請することもできます。申請するときには介護保険資格者証を区役所に提出する場合もあるためあらかじめ用意しておきましょう。

      次に認定調査と呼ばれるものがあり、調査員が自宅に訪問して話を伺いながら体の動きを見ます。認定調査のシステム上、同居の家族であったり利用したい本人を良く知る人がそのときに立ち会わなければなりません。

      認定調査では、名前や生年月日の聞き取りの後日常生活について確認します。

      マイナビニュースに関するお悩み解決にはこちらです。

      その後、歩行の状態や寝た状態からの起床動作等を行います。そこから一定期間が過ぎると要介護度が載った証書が郵送されてきます。



      そこから、使いたい事業所を探し利用契約を結ぶことになります。

      利用契約を結んだあと、ケアマネージャーとも契約をしなければなりません。


      ケアマネージャーは高齢者相談センターでも紹介してもらうことができるため紹介してもらうと良いでしょう。使いたい事業所によっては事業所内のケアマネージャーを紹介してくれることもあるため、そちらを利用しても構いません。
      ケアマネージャーにケアプランと呼ばれる書類を作成してもらうことで、介護事業所を利用することができるようになります。
      一見すると複雑なシステムに見えますが、予め高齢者相談センターであったりケアマネジャーに使用したい旨を伝えておけばスムーズに利用開始することができます。


top