介護保険報酬請求業務を簡単にするなら請求書ソフト

  • 日本の介護システムはどのようなものか

    • 日本の介護システム、その財源は介護保険によって支えられています。

      この保険には公的なものと民間のもののふたつがあり、民間のものに関しては加入は個人の意思に任せられています。
      対して公的なものに関しては、40歳以上の人は、原則、加入する必要があります。その被保険者が支援などを必要とする状態になり、介護サービスを利用したいとなった場合、まずは然るべき場所に申請をすると言うのが、システムの最初です。

      日本経済新聞の情報が欲しい方必見です

      然るべき場所と言うのは、たいていは役場の福祉課です。

      介護保険の請求書ソフトについて解説いたします。

      その申請が通ると、介護保険の適用が認められるための審査を受けることとなります。

      審査では、被保険者の心身の状態が判断されたり、参考としてかかりつけ医への聞き取りが行われたりもします。

      そしてその結果、その人がどの程度の支援やサービスを必要とする状態かと言うことが決定されます。



      その後、ケアマネージャーにどのようなサービスを受けるのがふさわしいかと言うことを、計画書に記載してもらいます。


      それでようやく、サービス利用開始になると言うのが、一般的なシステムの流れです。サービス利用に際して発生した料金は、原則、1割が自己負担で、残りが保険によって負担されます。


      ただしこのシステムを利用できるのは、保険適用のサービスのみです。よって保険適用外のサービスを利用する場合には、その利用料金は全額、自己負担です。
      また40〜64歳の人に関しては、このシステムを利用できる理由は、特定の16疾病である場合に限られています。

top